429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
429 Too Many Requests

429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
.main-color,.hover-color:hover {color: rgba(61,7,51,1);}#ez-toc-container, #ez-toc-container .ez-toc-title-container, .ez-toc-list li, #toc_container, #toc_container .toc_title, .toc_list li {border-color: rgba(61,7,51,.3);color: rgba(61,7,51,1);}a:hover, .content-post a, .calendar_wrap a {color: rgba(61,7,51,1);}#page-top-menu {background: rgba(61,7,51,.1);}#left-icon-area i {color: rgba(61,7,51,.3);}#left-icon-area i:hover {color: rgba(61,7,51,1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {background: rgba(61,7,51,.1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {color: rgba(0,0,0,.75);}#header-searchbox-area button {background: rgba(61,7,51,1);}.top-related-article-list-button a, .related-article-list-sp-button {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(61,7,51,1);}.article-type-list .related-article-list a:after {background: rgba(61,7,51,1);}.article-type-list .related-article-list a:before {background: rgba(61,7,51,.5);}#sidebar-searchbox-area form, #sidebar form, .search-form {border-color: rgba(61,7,51,.2);}#sidebar-searchbox-area button, #sidebar form button, .search-form button {color: rgba(61,7,51,1);}#sidebar .sidebar-head {color: rgba(61,7,51,1);}#global-header, #sp-sub-navigation-wrap, #global-navigation .sub-menu {background: rgba(255,255,255,1);}#site-id a {color: rgba(61,7,51,1);}#global-navigation li a {color: rgba(0,0,0,1);}.cls-1 {fill: rgba(0,0,0,1);}.hover-boderbottom-color {border-bottom: 2px solid rgba(255,255,255,0);}.hover-boderbottom-color:hover {border-bottom: 2px solid rgba(61,7,51,1);}#sp-navigation-content-wrap {background: rgba(61,7,51,1);}.sp-navigation-head {color: rgba(61,7,51,1);background: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area button {background: rgba(255,255,255,0);}#sp-navigation-content-wrap .related-article-list-date,.sp-navigation-related-list a, .widget-inner-spmenu a,#sp-icon-area li a {color: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area input {background: rgba(255,255,255,1);}#one-column,#two-column {background: rgba(61,7,51,.03);}#main,.sidebar-widget {background: rgba(255,255,255,1);}#breadcrumbs li a {}.content-post h2 {color: rgba(255,255,255,1);}.content-post h2 {background: url(https://grimmdowaclub.net/wp-content/themes/shaper/img/headline-shadow-white.png) no-repeat left top rgba(61,7,51,1);}.content-post h3 {border-color: rgba(61,7,51,1);}.content-post h4 {border-color: rgba(61,7,51,1);}.post-categories li a, .related-article-list-category .inner, #copy-btn, #pagenate a, .sp-sub-navigation-menu-list a {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(61,7,51,.5);}.post-categories li a:hover, #copy-btn:hover, #pagenate a:hover {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(61,7,51,1);}.tagcloud a:hover, .post-author-list-btn a, .authors-list .post-author-list-btn a, #comment-submit, input[type="submit"], .continue-button a {color: rgba(255,255,255,1);border-color: rgba(61,7,51,1);;background: rgba(61,7,51,1);}.tagcloud a, .post-author-list-btn a:hover, .authors-list .post-author-list-btn a:hover, #comment-submit:hover, input[type="submit"]:hover, .continue-button a:hover {color: rgba(61,7,51,1);background: rgba(255,255,255,1);}.comment-list-txt {background: rgba(61,7,51,.2);}.content-post hr {border-color: rgba(61,7,51,1);}.pnavi-prev-icon,.pnavi-next-icon {color: rgba(61,7,51,1);}.related-article-list-head,.archive-related-article-list-head {color: rgba(61,7,51,1);border-bottom-color: rgba(61,7,51,1);}.related-article-list-head:after {background: rgba(61,7,51,1);}#related-article-list-wrap {background: rgba(255,255,255,1);}.aside-head {color: rgba(61,7,51,.75);}.related-article-list-head.aside-head:after {background: rgba(61,7,51,.75);}.related-article-list-eyecatch:before {border-color: rgba(61,7,51,1) transparent transparent transparent;}#top-btn a {border-color: rgba(61,7,51,1);color: rgba(255,255,255,1);}#top-btn a {background: rgba(61,7,51,1);}#global-footer {background: rgba(61,7,51,.1);}.footer-menu-title {color: rgba(61,7,51,.75);}#global-footer-menu li a, #global-footer-menu .footer-info-area p.footer-info {color: #333333;}#global-footer-menu .footer-info-area .footer-info-sitetitle {color: rgba(61,7,51,1);}#global-footer-info-area {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(61,7,51,1);}

『ヘンゼルとグレーテル』のあらすじなど (KHM015)

グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』のあらすじや、関連情報などを詳しく紹介します。

 

『ヘンゼルとグレーテル』のあらすじ

ヘンゼルとグレーテルの父はきこりだった。

大きな飢饉がやってくると、きこりの後妻は森の中に子供たちを連れて行って、彼らをそこで捨てるつもりだった。

妻ときこりが飢えないようにするためである。

 

きこりは計画に反対するが、最後にしぶしぶ、妻の計画を受け入れる。

ヘンゼルとグレーテルは、そんな彼らの話を耳にしてしまった。

夫婦が寝たあと、ヘンゼルは家からしのび出て、小石を集めた。

そしてグレーテルのもとに戻ると、神が彼らを見捨てないことを彼女に保証した。

 

その翌日、家族全員で深い森の中へと歩いて行った。

その間、ヘンゼルは小石を置きながら、歩いた跡を作っていた。

彼らの両親が彼らのもとを去ったあと、子供たちは月が出てくるのを待ち、小石をたどって家に帰った。

ヘンゼルとグレーテルが問題なく帰ってきたことで、まま母はかなりイラ立っていた。

彼女はあらためて、より遠くの森の中に子供たちを連れて行って、彼らをそこに置き去りにするよう、夫に命令する。

 

次の朝、家族はまた森へと旅をした。

ヘンゼルはパンを1切れ取り、家に帰るためパンくずで跡を残していた。

しかし、オオカミがパンくずを食べてしまい、とうとう森の中で迷子になってしまった。

 

森をぶらついていると、ヘンゼルとグレーテルはパンとケーキから造られ、砂糖菓子の窓ガラスのある家を発見する。

空腹だった子供たちは、家の一部を食べ始める。

そこへ現れた老婦人が、二人を中に招き入れ、夕食と居心地のよいベッドを提供した。

子どもたちは、その女が魔女であることを知らなかった。

魔女は子どもたちを太らせ、料理し、食べるために、お菓子でできた家を造って二人を誘い込んだのだった。

 

次の朝、魔女はヘンゼルをおりに監禁し、グレーテルを奴隷であるかのように働かせた。

魔女は、ヘンゼルを太らせるため、定期的にヘンゼルにむりやりご飯を食べさせた。

彼女はヘンゼルに指を見せるよう要求し、太ったかどうかを確認していた。

 

しかし、賢いヘンゼルは指の代わりに骨を差し出していた。

魔女は、ヘンゼルを食べるにはまだやせていると思い込んでいた。

 

だんだんがまんできなくなってきた魔女は、いずれにせよヘンゼルを食べることに決める。

魔女はヘンゼルを料理するために釜戸を用意し、同様にグレーテルを殺すことも決めた。

彼女はグレーテルに釜戸の扉を開けるように言って、火が十分に熱いかどうか見るため、炎の前で身を乗り出すよう指示をした。

 

ところが、魔女の意図を感じ取ったグレーテルは、魔女が何のことを言っているのかわからないと、嘘をつく。

すると、怒った魔女は自らそのお手本を示そうとして、釜戸の前に身を乗り出した。

その瞬間、グレーテルは魔女を釜戸の中へ押し込み、ドアを閉じて、ボルトまで締めた。

 

グレーテルはヘンゼルを自由にし、二人は宝石の山を発見する。

彼らは宝石を持って家に帰った。

父親は、ヘンゼルとグレーテルが生きているとわかって大喜びし、まま母はこの世を去ったと彼らに話す。

宝石のおかげで大金持ちになった一家は、その後ずっと幸せに暮らした。

『ヘンゼルとグレーテル』の感想・一言コメント

有名すぎて有名な童話。注目すべきポイントはたくさんあるだろう。

童話そのものは怖い話として有名だが、実は兄と妹の知恵と勇気がしっかり見て取れる話でもある。

 

話の前半では、ヘンゼルが知恵を絞って、家に帰れるようにする。

後半は、グレーテルが魔女をやっつける。

互いの協力があってこそ、最後のハッピーエンドをつかめる話なのだ。

 

ちなみに、「ヘンゼル」(Hänsel)とは、ドイツで一般的な男の名前「ハンス」(Hans)を可愛くした名前。

「グレーテル」(Gretel)は、女の名前「マルガレーテ」(Margarete)をグレーテに省略して、可愛くしたもの。

ハンスちゃん、グレーテちゃんといった感じで、子どもの愛称となっている。

小さいながらも、怖い森の中からがんばって生き延びてきたわけだ。

 

もちろん、有名な怖い魔女の出現も見どころの一つだ。

『ヘンゼルとグレーテル』の基本データ

収録ナンバー

KHM015

原作タイトル(ドイツ語)

Hänsel und Gretel

英語タイトル

Hansel and Grethel

日本語の別タイトル

特になし

収録版

初版から7版までずっと。

『ヘンゼルとグレーテル』のおすすめ本




『初版グリム童話集1』/ 訳:吉原高志、吉原素子 / 白水ブックス ⇒試し読みする

『ヘンゼルとグレーテル』として、15番目に収録されているグリム童話集の初版。初版のバージョンはどんなだったか、気になる方はぜひ読んでいただきたい。




『完訳 グリム童話集 1』/ 訳:金田鬼一 / 岩波書店 ⇒試し読みする

『ヘンゼルとグレーテル』収録のグリム童話集。こちらは、しっかりした解説付きの金田鬼一訳。本格的な昔の訳を楽しみたい方にオススメ。

 

『完訳 グリム童話集 1』/ 訳:高橋健二 / 小学館 ⇒試し読みする

『ヘンゼルとグレーテル』収録のグリム童話集。こちらは挿絵付きの高橋健二訳。気軽に楽しみたい方にオススメ。

 

『ヘンゼルとグレーテル』の映像

■グリム名作劇場『ヘンゼルとグレーテル』

グリム童話の世界を味わうことができる名作アニメ。

 

 

【関連】

⇒ヘンゼルとグレーテルはよく読むと怖い?!

⇒ハロウィンにぴったり!?怖い魔女が出てくるグリム童話のお話10選

 

⇒グリム童話一覧へ