『森のなかのばあさん』のあらすじなど(KHM123)

グリム童話『森のなかのばあさん』のあらすじや、物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。

結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

目次

『森のなかのばあさん』のあらすじ

むかし、女中が主人一家のお供をして森の中を通っているときに強盗がおそいかかり、女中以外はみんな殺されてしまう。

ひとり残されたかわいそうな女中は森を出る道もわからず、やがて道を探すのもやめて神さまにおまかせすることにし、そのままじっとしていた。

そこに白い鳩が飛んできて、金の鍵を女中に渡し、近くにある木についた錠前を開ければ食べるものがたくさん見つかるという。

女中は鍵で錠前を開けると、そこにパンとミルクが見つかり、それを食べると今度は眠くなる。

すると白い鳩がべつの鍵を持ってあらわれ、それで別の木の錠前を開けるとやわらかなベッドがあったので女中はそこで寝ることができた。

次の日、鳩はとても美しい服の入った木のある鍵を女中に与え、このように女中はしばらくすてきな暮らしをすることができた。

ある日、白い鳩は女中に、あるおばあさんの家に入って声をかけられても返事をせずに、指輪がたくさんある部屋から無地の指輪を取ってきてほしいとたのむ。

女中はいわれた通り、おばあさんの家に行ってひとことも口をきかず、指輪のたくさんある部屋へ入るが、無地の指輪がなかなか見つからなかった。

するとおばあさんがこっそりとその部屋にあった鳥かごを持っていくのが見えたので、女中はすばやく鳥かごをひったくると、中で1羽の鳥が無地の指輪をくわえていた。

女中はその指輪を取ってすぐにおばあさんの家から走って逃げだし、白い鳩を探すが見つからなかった。

そこであたりの木によりかかると、その木がだんだんやわらかくなり、木の枝が女中にからみついて腕になる。

気づけば木は美しい男の人に変わっていて女中にキスをし、自分は悪い魔女から木に変えられていて、数時間は白い鳩になることができたが、女中が指輪を取ってきてくれたことで魔法が解けたことを話す。

その男の人は王さまの息子であり、2人は王さまの国へ戻って結婚し、幸せに暮らした。

『森のなかのばあさん』 の教訓・感想など一言コメント

タイトルはすごく童話っぽい感じですが、出だしからけっこうえげつない話です。

女中とお供がいて、そのお供は全員強盗に襲われてしまい、女中は一人取り残されてしまいます。

なんとも切ない始まりです。

後半は、魔女が登場。

魔女と鳥のくだりは、KHM069『ヨリンデとヨリンゲル』を思い出させます。

魔法にかけられていた王子と結婚し、なんだかんだで、めでたしめでたしです。

人生、何があっても諦めちゃいけないということですね。

『森のなかのばあさん』 の基本データ

収録ナンバー

KHM123

原作タイトル(ドイツ語)

Die Alte im Wald

英語タイトル

The Old Woman in the Wood

日本語の別タイトル

  • 「森の中のおばあさん」
  • 「森の中の老婆」

など

収録版

初版から7版まで

『森のなかのばあさん』 の関連コンテンツ

映画・TV

特集

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる