KHM158 『のらくら国のお話』のあらすじ

のらくら国のお話(原題:Das Märchen vom Schlaraffenland)

 

グリム童話、『のらくら国のお話』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

のらくら者の国が栄えた時代には、ローマの町と教皇の宮殿が細い糸にぶらさがっていたり、足のない男が速い馬を追いこしたり、ろばの子がうさぎを追いかけたり、菩提樹には焼きたてパンケーキがなっていたりした。

やせた雌やぎがとても重い荷物を運んでいたり、動物のついていないすきがひとりでに畑を耕していたり、1歳の子どもが石うすをほうり投げることもある。

蜜が深い谷から高い山へ流れたり、たくさんの小さな動物たちが大きくて強い動物たちをうち負かしたり、女の人にひげが生えていたり、赤ん坊が母親をしかっていることもあった。

スポンサーリンク