KHM149 『梁の木』のあらすじ

梁の木(原題:Der Hahnenbalken)

 

グリム童話、『梁の木』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

むかし魔法使いがおおぜいの人の前でにわとりを呼びだし、得意の術で重いはりをもちあげさせて軽々と運ばせる。

見物人の中に四つ葉のクローバーをみつけたばかりで頭の働きがするどくなっていた女の子がおり、その子にはまやかしがきかなかった。

女の子はみんなの前で、「にわとりが運んでいるのははりではなくてわらだ」とさけぶ。

とたんに術はやぶれ、みんなもそれがわらに見えてきたので、さんざん魔法使いに悪口をいって追いはらう。

魔法使いは女の子にその仕返しをしてやることをきめる。

 

 

しばらくしてその娘が結婚式をあげることになり、娘は着かざって、おおぜいの人と畑をこえて教会へ向かっていた。

そこで水かさの増した小川に出くわし、そこには橋がなかったが、花嫁はうろたえず服をまくりあげて川をわたる。

川のまん中まできたところで、魔法使いが「これが川に見えるのか」とあざける。

花嫁は気がつくと自分が服をまくりあげて麻畑のまん中に立っており、みんなにもそれが見えて花嫁の悪口をいったり笑いものにして追いはらった。

スポンサーリンク