KHM079 『水の精』のあらすじ

水の精(原題:Die Wassernixe)

 

グリム童話、『水の精』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

兄と妹が泉のほとりで遊んでいると、思わず水の中へ落ちてしまった。

そこで水の精が2人をつかまえ、自分のもとでしっかり働いてもらおう、と連れていってしまう。

女の子にはきたない亜麻をつむがせて底のない樽へ水をくませ、男の子にはなまくらのおので木を切らせた。

そして食べものは、石のようにかたいだんごしか与えなかった。

 

Sponsored Links

 

子どもたちはがまんできなくなって、日曜日に水の精が礼拝に出かけるのを待って逃げだした。

水の精は戻ってくるとそれに気づき、すぐに2人のあとを追いかけた。

 

 

2人は遠くから水の精が追いかけてくることに気づいて、まず女の子がブラシをうしろに投げる。

すると、大きなブラシの山ができ、水の精はその何千本と針の生えた山をこえなくてはならなかった。

水の精がそれをこえると、今度は男の子がくしをうしろに投げる。

するとそれは大きなくしの山になったが、水の精はその何千本も歯の生えた山をなんとかこえた。

そこで女の子は鏡をうしろに投げ、それはつるつるした鏡の山になった。

水の精はこれをこえることができず、おのを取ってきて、それで鏡の山を割ることに決めた。

しかし水の精がおのをもって山へ戻り、それをたたきこわしたときには、兄妹はとっくに逃げてしまっていたので、水の精はとぼとぼと自分の泉にもどるしかなかった。

スポンサーリンク