『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男』のあらすじなど (KHM004)

グリム童話『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男』のあらすじや、物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。

結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

目次

『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男』のあらすじ

とある若者が「ぞっとするとはどういうことか」を習いたいと言い出した。

初めは教会の番人のもとで習おうとするのだが、幽霊のふりをした番人にびくともしない。

若者は旅に出かけ、しばらく歩くと、通りすがりの男に首つり台を紹介される。

そこではすでに他界した7人が吊るされているのだが、若者はそこで一晩を明かしてもぞっとすることがわからない。

そしてある宿屋に着き、呪われた城について教えられる。

若者は城へ行き、三晩呪われた場所で寝ずに過ごすことを約束する。

1日目の夜は猫や犬の霊を打ちのめし、2日目の夜は死人たちと九柱戯を楽しんだ。

そして3日目には大男たちが現れて若者を襲うが、返り討ちにされてしまう。

結局、ぞっとすることがわからないまま、若者は呪いを解いたお礼にと、王様からお姫様との結婚が許される。

お妃はぞっとしたいと言い続けている若者にうんざりしていた。

それを見た侍女が、川で桶いっぱいの小魚をすくい、寝ている若者にかける。

その冷たさに、若者は初めてぞっとすることがわかったと叫ぶのだった。

『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男』の教訓・感想など一言コメント

怖そうな話だが、なかなかに笑える話でもあります。

主人公の若者を中心に、たくさんの人が振り回される話です。

最後の「ぞっとする」の意味を考えてみると、恐怖にぞっとしたのか寒さにぞっとしたのか……そのあたりのことを語り合ってみるとおもしろいですね。

「恐怖を知らない人間こそ、最強(最恐?)だ」と、うったえかけるような教訓がありそうな童話です。

『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男』の基本データ

収録ナンバー

KHM004

原作タイトル(ドイツ語)

Märchen von einem, der auszog das Fürchten zu lernen

英語タイトル

The Story of the Youth Who Went Forth to Learn What Fear Was

日本語の別タイトル

  • 「怖がることを習いに出かけた男の話」
  • 「こわがることをおぼえるために旅にでた若者」

など

収録版

グリム童話初版には、第1巻4番に『九柱戯(ボーリング)とトランプ遊び』というタイトルで収録されていた

その後、2版から7版まで

『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男』 の関連コンテンツ

本当は怖いグリム童話

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる