『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』のあらすじなど (KHM001)

グリム童話『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』のあらすじや、 物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。

結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

目次

『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』のあらすじ

ある国のお姫様が森の中の泉に、黄金のマリを落としてしまう。

悲しくなったお姫様が泣いていると、一匹のカエルが現れ、「仲良くしてくれるのなら拾ってきてあげる」という。

お姫様は二つ返事で承諾するのだが、内心は友達になる気などさらさらなかった。

カエルがマリを拾ってくると、お姫様は約束を破り走って帰っていってしまった。

だが、カエルはお城までやってきて、城の中へ入れてくれるようせがむ。

お姫様は嫌々ながらも、王様に命じられてカエルと夕食をともにし、寝室へも連れていく。

ついに我慢ならなくなったお姫様はカエルを壁に叩きつけるのだが、その瞬間カエルは美しい王子様へと変わる。

実は、魔女に呪いをかけられていたのだ。

2人はその後、めでたく結婚することになった。

翌朝、王子様の召使いである忠実なハインリヒが馬車でやってくる。

王子様とお姫様を乗せ、王子様の国へ連れていく途中、バチンという音がする。

それは、王子様が呪いをかけられらとき、胸が張り裂けぬようはめていた鉄のベルトが外れる音であった。

『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』の教訓・感想など一言コメント

最初はカエルに冷たくし、壁に投げつけるほどの嫌悪感を抱いていたお姫様が、カエルが王子様だとわかった瞬間に結婚する。

まったく調子のいいお姫様です。

人は外見で判断するべきじゃないという教訓がありそうな一方で、外見でコロコロと態度を変える姫の醜さを描き出しているようにも思えます。

また、この話には「鉄のハインリヒ」という副題がついていて、ハインリヒの話が本編のあとにつづきます。

ここには、「たがが外れる」という言葉が出てきますが、日本語では「緊張がほぐれる」というような意味です。

ハインリヒは本当に「たが」という物を胸にはめていて、王子様の呪いが解けるとともに、その「たが」が外れるのがおもしろいところ。

緊張がほぐれて、安心したのでしょう。

『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』の基本データ

収録ナンバー

KHM001

原作タイトル(ドイツ語)

Der Froschkönig oder der eiserne Heinrich

英語タイトル

The Frog Prince

日本語の別タイトル

  • 「かえるの王さま または鉄のハインリッヒ」
  • 「かえるの王子様」
  • 「かえると金のまり」

など

収録版

初版から7版まで

『かえるの王さま、あるいは鉄のハインリヒ』の関連コンテンツ

映画・TV

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる