『リメンバー・ミー』の犬ダンテは死者の案内人?犬種や正体を考察!

『リメンバー・ミー』の犬ダンテは死者の案内人?犬種や正体を考察!

ディズニー/ピクサーの大ヒット映画『リメンバー・ミー』(2017)に登場する犬のキャラクター「ダンテ」は、映画の中で一番不思議なキャラクターだと言える。

主人公の少年ミゲルとともに、死者の国に入り一緒に旅を続け、なぜか突然、精霊のアレブリヘになってしまうのだ。

いったい、ダンテにはどんな役割があって、どんな意味があるキャラクターなのだろうか。

なぜ死者の国に行けるのか、その正体や犬種なども含めて、ダンテという犬について少し踏み込んで考えてみたい。

なお、話のネタバレも含んでいるので、まだ観ていない人は注意してほしい。

\ 死者からのメッセージを無料で聞いてみませんか?/

ヴェルニ

ダンテが『リメンバー・ミー』で果たす役割

ここでは、『リメンバー・ミー』でのダンテの登場シーンやダンテが果たす役割を振り返ってみよう。

本筋のきっかけを作るダンテ

はじめ、ダンテは主人公ミゲルの家の近くでうろついている野良犬として登場する。

ミゲルはダンテを飼いならしていて、近所の市場で食べ物を買い、それをエサとしてあげたりしている。

そもそも、「ダンテ」という名前もミゲルがつけたもので、ミゲルの憧れの音楽家、エルネスト・デラクルスが映画で乗っている「馬」の名前からつけたものだ。

ダンテもミゲルになついているが、ミゲルの祖母はいつも容赦なく野良犬であるダンテを追い払ってしまう。

 

ミゲルは死者の日に広場で行われる音楽コンテストに出るため、音楽を禁止する家族に隠れてこっそりと自作のギターとダンテを連れて出て行こうとするが、家族に見つかりそうになる。

危機一髪でミゲルはギターとダンテを祭壇の下に隠したので、ダンテはなんとか見つからずにすんだ。

 

しかし、食べることが大好きなダンテ。

ミゲルの家族が立ち去ってから、あろうことか祭壇のお供え物を食べようとしてしまう。

そして、ミゲルがそれを止めようとした衝撃で祭壇のバランスが崩れ、飾られていた写真の額が割れてしまう。

その写真を見て、音楽のために家族を捨てて出て行ったとされるミゲルのひいひいおじいちゃんは、エルネスト・デラクルスなのではないかとミゲルが気づく。

そこからこのストーリーの核心がスタートするので、ダンテはそもそもそのきっかけを作った大事なキャラクターである。

死者の国に難なく入るダンテ

そのあと、ミゲルの音楽家になりたいという夢は家族から猛反対され、祖母に自作のギターを壊されてしまい、感極まって家を飛び出してしまう。

そんなとき、近くのゴミ箱をあさっていたダンテは、ミゲルを見つけてすぐに追っかけていく。

デラクルスの墓地に行ったミゲルは、デラクルスのギターを盗んだことで、死者の世界に飛ばされてしまう。

 

そのときから、ミゲルのことが見えるのは「死者の日」に生者の国へ帰ってきていた死者だけ。

生きている者はみんなミゲルの体をすり抜けてしまう。

そんな中、デラクルスのお供え物を食べてしまったからなのか、ダンテも死者の世界に入り、ミゲルのことが見えるようになる。

そして、なんとダンテはミゲルの亡くなった親せきたちがいるところまでミゲルを連れて行く。

 

現実世界では食べ物にしか目がなかったいかにも単純な犬といった感じのダンテは、死者の国に入ったとたんに突然賢くなったようだ。

ミゲルを追っかける身だったダンテが、死者の国では途端に立場が逆転し、ミゲルの前を歩くようになるのだ。

まさに、死者の案内人といったところだろう。

死者の国でも最初、ダンテは「ただの老犬」「散髪屋の床に落ちてるソーセージ」などと言われたりしてしまっているが、毛がない割には死者にアレルギーを引き起こさせたりもしていて、結構影響力のある犬のようだ。

ダンテの正体はアレブリヘ?

ミゲルは家族が祭壇に写真を飾ってくれていないために生者の国へ帰れないでいるヘクターと出会い、一緒に行動するようになる。

ミゲルが途中、そんなヘクターともめて一人でデラクルスの元へ行こうとするときも、ダンテはすごい勢いでミゲルを止めた。

結局、ミゲルに「君は案内人なんかじゃなくてただの犬だ」と追い払われて、ダンテは悲しそうにしばらくどこかへ行ってしまう。

 

でも最終的には、デラクルスによって穴の中に囚われていたミゲルとヘクターを救ったのはダンテだった。

ぺピータという名前の大きなアレブリヘに乗った、ミゲルのひいひいおばあさんであるイメルダを連れてきてくれたのだ。

どうやらダンテは最初から、ヘクターがミゲルのひいひいおじいさんだということを知っていたらしい。

 

そして、アレブリヘに乗っている間に、ダンテ自体もアレブリヘとなる。

ここで、ついにダンテはミゲルの本物の「魂の案内人」となったわけだ。

そもそも、ダンテの正体はもともと死者の案内人的な存在で、生きてもいなければ、死んでもいない存在だったのだろう。

 

さらに、デラクルスに落とされたミゲルを救ったのも、アレブリヘのダンテとぺピータだった。

ダンテはミゲルの命を救い、ミゲルの先祖と結びつけるという超大役を背負っているということになる。

そして、最後のシーンではダンテは死者の国と生者の国を行き来できる身となっている姿が描かれている。

ダンテはアステカ文明の伝説にも出てくる犬

ダンテはアステカ文明の伝説にも出てくる犬

ダンテの犬の種類は、メキシコ原産の「メキシカン・ヘアレス・ドッグ(正式名はショロイッツクゥイントリ)」というもので、通称「ショロ犬」という名前で知られている。

ショロ犬は、歯をなくしやすいために舌が口から出てしまうことが多いようで、ダンテもいつも舌を垂らしている。

 

そんなショロ犬は、メキシコの土着文化である「アステカ文明」の伝説に登場し、死後の世界で死者を導く役割を果たすと言われている。

ダンテはとても古くから伝わる伝説の犬をモデルにして作られたのである。

 

劇中でも、「毛のないショロ犬は迷える魂を導く犬」だという説明がある。

そして、映画の途中からダンテは立派なアレブリヘに姿を変え、まさに正式にミゲルの魂の案内人となるのだ。

ダンテがアレブリヘになれたのは、もともとアステカの伝説でも大役を果たすショロ犬だからこそであったのかもしれない。

「ダンテ」といえばダンテ・アリギエーリ

「ダンテ」といえばダンテ・アリギエーリ

ダンテという名前を聞けば、きっとイタリアの詩人、ダンテ・アリギエーリを思い出す人も多いだろう。

『神曲』を書いた、あのダンテだ。

ただ名前がかぶっているだけだろうと思うかもしれないが、これが意外と関連性が見られておもしろい。

 

ダンテ・アリギエーリの代表作『神曲』では、ダンテ自身が死後の世界である地獄、煉獄、そして天国の3つの世界を旅していく。

それぞれの世界で、主人公ダンテは「魂の案内人」によって導かれていくのだ。

この作品でも、死者の国をガイドする「案内人」というキーワードがある。

 

『リメンバー・ミー』では、『神曲』とは逆で、ダンテという名前の犬が、死者の国で迷ってしまうミゲルを導いている。

役割こそ違えど、死者の国の案内人という設定がどちらの作品でも使われているわけだ。

アステカ文明だけでなく、ヨーロッパの古典作品との関連性まで見られる『リメンバー・ミー』。

考えてみると、なかなか奥が深い作品のようだ。

まとめ

映画『リメンバー・ミー』に登場する犬のダンテは、主人公ミゲルの「魂の案内人」の役目を果たす、とても重要なキャラクターである。

それだけでなく、メキシコを代表するショロ犬で、アステカ文明の伝説でも案内人の役割を果たしている。

ダンテという名前も、イタリアの詩人ダンテに何気に関連が見られて、『リメンバー・ミー』のダンテというキャラクターが持つ意味は思ったよりもスケールの大きいものなんじゃないかと思えてくる。

死者の案内人と言うのにふさわしい、不思議な犬である。

次に『リメンバー・ミー』を観るときには、ぜひそんな興味深い犬、ダンテにも注目してみてほしい。

 

『リメンバー・ミー』をもう一度見たい人は、U-NEXTで見られます▼

U-NEXTなら、31日間は見放題作品140,000本が無料で視聴可能です。

U-NEXT