KHM184 『釘』のあらすじ

釘(原題:Der Nagel)

 

グリム童話、『釘』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

ある商人が年の市でひともうけし、お金をたくさんかかえて夜になるまでには家に帰ろうと決める。

さっそく旅行かばんにお金をいれ馬にくくりつけて出発し、お昼にはある町でひと休みする。

出かけるときにそこの下男が、馬のうしろ足の蹄鉄のくぎが1本ぬけていると指摘する。

しかし商人は急いでいるからそのままにするといって先を急ぐ。

午後に商人は馬にえさをやってもらうと、そこの下男がふたたび蹄鉄のくぎのことを指摘する。

それでも商人は鍛冶屋に行くことはせず、急いでいるからといって先を急ぐ。

そのまま馬を走らせていると、馬はじきに足をひきずりだし、しまいにはたおれて足を折ってしまう。

商人は馬を置いたまま旅行かばんをはずして肩にかけ、歩いて家に帰らなけらばならなかったので、帰りついたのは夜もふけた後であった。

商人は「あの蹄鉄のくぎのせいでこんなことになったのだ」とひとりごとをいった。

スポンサーリンク