KHM156 『ぬらぬらの亜麻のかたまり』のあらすじ

ぬらぬらの亜麻のかたまり(原題:Die Schlickerlinge)

 

グリム童話、『ぬらぬらの亜麻のかたまり』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

むかしあるところに顔はきれいだがとてもなまけ者の娘がおり、糸をつむぐようにいわれても、亜麻の中にこぶがあればそこを大きくひきちぎって床へ投げ捨てていた。

その娘のところにいた女中はとても働き者で、その捨てられた亜麻を拾ってはこぶをとり、きれいに紡いですてきな服に仕立ててもらった。

なまけ者の娘はある若い男と結婚することになり、結婚式の前の晩の大さわぎの席で、働き者の女中があのすてきな服を着ておどっていた。

 

 

花嫁はそれを見て「私の捨てたくずを着てよくおどっていられるわね」というと、それを花婿がきいて意味をたずねる。

花嫁はそのわけを話したので、花婿は花嫁がなまけ者であり、女中が働き者だということに気づく。

そして、花婿は女中のところへ行ってその人を妻にすることに決める。

スポンサーリンク