KHM155 『嫁えらび』のあらすじ

目次

嫁えらび(原題:Die Brautschau)

 

グリム童話、『嫁えらび』のあらすじや、物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。 結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

 

* * * * * * * *

 

あるとき若い羊飼いは、とても美しい3人の姉妹のだれかを嫁にしたいと思っていた。

母親にだれを選べばいいか相談すると、母親は「チーズの食べかたを見ていればよい」と教える。

若者は母親のいう通りにして3人を呼んでチーズを出すと、1番めの娘はチーズを外の皮ごと食べる。

2番めの娘は皮を急いで切り落とそうとするが、あわてていてチーズのよいところが皮にたくさんついており、娘はそれを皮ごと捨ててしまう。

3番めの娘はとてもきれいに外の皮をむく。

羊飼いがそれを母親に話すと、3番めの娘をもらうようにいわれたので、羊飼いはその娘を嫁にして仲よくしあわせに暮らした。

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる