KHM153 『星の銀貨』のあらすじ

星の銀貨(原題:Die Sterntaler)

 

グリム童話、『星の銀貨』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

むかし両親を亡くした貧乏な小さい女の子がおり、ついに自分の着ている服とひときれのパン以外は何もなくなってしまう。

女の子は神さまをたよりに野原へ出ると、ひとりの貧しい男の人が食べもののほどこしを求めたので、女の子はパンを全部あげてさきへ歩いていく。

すると子どもがやってきて、とても寒いのでかぶるものをくださいとたのんだので、女の子は自分のぼうしを脱いでその子にやる。

またべつの子どもも寒さにふるえていたので、女の子は自分のチョッキをやり、また先ではべつの子がスカートをほしがったので女の子は自分のものをやる。

女の子が森に着いたころにはすっかり暗くなっていて、そこである子どもがシャツをほしがる。

女の子は暗いから自分のすがたは見えないだろうと思ってシャツを脱ぎ、それを子どもにあたえる。

服がなくなった女の子のもとに、突然空から星たちが降ってきて、それがぜんぶ銀貨に変わる。

そして気づくと女の子は上等なリンネルのシャツを身につけていた、

女の子はその銀貨を集め、死ぬまで裕福に暮らした。

スポンサーリンク