KHM139 『ブラーケルの小娘』のあらすじ

ブラーケルの小娘(原題:Dat Mäken von Brakel)

 

グリム童話、『ブラーケルの小娘』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

あるとき、ブラーケルの娘がヒンネン山のふもとの姓アンネ礼拝堂へ行き、はやく夫が持てるように祈り、相手はズットマー門の外に住んでいて黄色い髪をしているという。

その娘は礼拝堂にだれもいないと思っていたが、教会の下働きが祭壇のうしろにいて、その祈りをきいて「あれとはいっしょになれない」とさけぶ。

娘は、母親の聖アンネ像のそばの子どものマリア像がそれをさけんだのだとかんちがいして、腹を立てて「おふくろに話させるんだ」とどなる。

スポンサーリンク