KHM138 『クノイストと三人の息子』のあらすじ

クノイストと三人の息子(原題:Knoist un sine dre Sühne )

 

グリム童話、『クノイストと三人の息子』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

ヴェルルとゾーストのあいだにクノイストと3人の息子が住んでいた。

息子たちのひとりは目が見えず、ひとりは足なえで、もうひとりはすっぱだかであった。

3人は畑の向こうでうさぎを見つけ、目が見えないのが撃って、足なえがつかまえ、すっぱだかがポケットにいれる。

3人は、大きな川のところで、水もれの船、沈みかかった船、底のない船を見つけ、みんなで底のない船に乗る。

大きな森に出ると、そこにとても大きな木があり、なかにはとても大きな礼拝堂があった。

礼拝堂にはクマシデの下働きとツゲの牧師がいて、牧師はこん棒で聖水を授けていた。

スポンサーリンク