KHM103 『おいしいお粥』のあらすじ

おいしいお粥(原題:Der süße Brei)

 

グリム童話、『おいしいお粥』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

むかし、貧乏だが信心深い娘が母と2人で暮らしており、ついに食べるものがなくなったので娘は食べものを探しに森へ入った。

森の中でおばあさんに出あい、おばあさんは娘に魔法のなべを渡した。

そのなべに「小さななべよ、煮ておくれ」と声をかけるといつでもキビがゆを煮てくれ、「小さななべよ、おやめ」と声をかけるとなべは煮るのをやめるのだった。

このなべで母と娘は飢えをしのぐことができた。

 

Sponsored Links

 

ある日、娘が少しの間家を出ているときに、母がなべに声をかけて煮てもらい、おかゆをたらふく食べた。

しかし母は煮るのをやめさせる言葉がわからなかったので、なべはどんどん煮つづけ、おかゆが家じゅうあふれだした。

そしてとなりの家や道路もおかゆでいっぱいになり、とても困ったことになったが、だれもやめさせる言葉がわからなかった。

娘がやっと家に戻ってきて、なべに言葉を唱えたのでついになべは煮るのをやめたが、町へ戻ろうとする人はおかゆを片っぱしから食べていかなければならなかった。

スポンサーリンク