KHM078 『としよりのおじいさんと孫』のあらすじ

としよりのおじいさんと孫(原題:Der alte Großvater und der Enkel)

 

グリム童話、『としよりのおじいさんと孫』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

むかしあるところに、とても年をとったおじいさんがいて、目はかすみ、耳は聞こえず、歩くのもやっとのことだった。

食事のときはスプーンもしっかり持てなかったので、スープをひざかけの上にこぼしたり、口からもこぼすことがあった。

それを息子とその妻がいやがったので、おじいさんをストーブの後ろのすみのほうに座らせることにして、素焼きのおわんで食べものを出し、お腹いっぱいは与えなかった。

おじいさんはみんなのテーブルをながめていたが、やがて目がぬれてきた。

 

Sponsored Links

 

あるとき、おじいさんはおわんを持っていられずに落としてしまい、おわんは割れてしまう。

息子の妻はがみがみ言ったが、おじいさんはため息をつくばかりで何も言わず、その妻は2,3枚の銅貨で木のおわんを買い、それでおじいさんを食べさせた。

 

 

ある日、4才になるおじいさんの小さな孫が床で板を集めていたので、父親が何をしているかたずねた。

すると孫は、かいばおけを作って、大きくなったらお父さんとお母さんをこれで食べさせてあげるという。

夫と妻ははしばらく顔を見合わせたが、やがて泣きだし、すぐにおじいさんを自分たちのテーブルに連れてきた。

そして、おじいさんにいつもいっしょに食事をさせ、少しこぼしても何も言わなくなった。

スポンサーリンク