KHM062 『蜜蜂の女王』のあらすじ

蜜蜂の女王(原題:Die Bienenkönigin)

 

グリム童話、『蜜蜂の女王』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

むかし王さまの息子がふたり、旅に出てそのままじだらくな暮らしにはまり戻ってこなくなったので、一番下のぬけ作と呼ばれている王子が兄たちを探しに出かけた。

そして、兄たちは自分たちが失敗したのに、弟がまともに生きていけるわけがない、とばかにしながら、3人はそろって旅に出た。

旅の途中で3人はアリ塚を見つけ、兄たちはそれを掘りかえしてアリたちが困るのを見ようというが、弟はアリの邪魔をするなといって止める。

先へ進むと、今度はカモが泳ぐ湖へ出たが、兄たちはカモをつかまえて焼き肉にしようというと、弟は兄たちがカモを殺すのは見てられない、といってそれも止めた。

そしてさらに先で木の上にハチの巣を見つけると、兄たちは木の下で火をおこしハチを殺して蜂蜜をぬすもうというと、弟はハチを殺すのも見てられない、と止める。

 

Sponsored Links

 

そして兄弟たちはある城にたどりつくが、そこの馬小屋の中には石の馬しかおらず、城全体が静かであったが、やがて奥の戸の中でこびとを見つける。

そのこびとは3人に食事をあたえて休ませた翌日、石の板に書かれた3つの課題を見せ、その課題ができれば城にかかった魔法はとけるが、できなければ課題にいどんだ者は石になってしまうという。

最初の課題は、森の苔のあいだに落ちた王さまの娘の真珠を1000つぶ集めるというものだったが、最初に挑戦した1番上の兄は失敗して石になってしまい、同じように2番目の兄も失敗してしまう。

そして、ぬけ作の番になり、真珠がうまく集められずに泣いていると、前に命を助けたアリがたくさんあらわれて、真珠を拾うのを手伝ってくれた。

 

 

そうして最初の課題をこなし、次の課題は、王さまの娘の寝室の鍵を海の中から拾うというものだった。

これも弟の助けたカモたちが助けてくれたので、成功する。

そして最後の課題は、王さまの娘が3人眠っている中で、いちばん末の姫をみつけるというものであった。

3人の娘たちはとても似ていて、ちがいは最後に食べたものが、いちばん上の姫は砂糖、2番目の姫はシロップで、末の姫は蜂蜜だということだった。

そこで、弟の助けたハチの女王がやってきて、蜂蜜をなめた姫の口にとまってくれたので、弟は城の魔法を解くことができた。

石になっていた者たちはすべてよみがえり、弟は末の姫と結婚し、王のあとを継いだ。

そしてふたりの兄たちはそれぞれ、ふたりの姉の姫たちと結婚した。

スポンサーリンク