『ものわかりのいいハンス』のあらすじなど (KHM032)

グリム童話『ものわかりのいいハンス』のあらすじや、関連情報などを詳しく紹介します。

 

『ものわかりのいいハンス』のあらすじ

ハンスはおふくろにグレーテルのところに行くといい、おふくろはうまくやるようにいい、ハンスはうまくやるといって出ていった。

ハンスはグレーテルのところへ行って、グレーテルはなにかいいものを持ってきたのかと聞くが、ハンスは何もないが何かくれといい、グレーテルは針を一本あげた。

ハンスは針をほし草の車に差しこんで、そのあとを追って帰った。

ハンスはもらった針をほし草の車に差しこんだとおふくろにいうと、おふくろは、針はそでに差すものだといった。

 

ハンスはおふくろにグレーテルのところに行くといい、おふくろはうまくやるようにいい、ハンスはうまくやるといって出ていった。

ハンスはグレーテルのところへ行って、グレーテルはなにかいいものを持ってきたのかと聞くが、ハンスは何もないが何かくれといい、グレーテルはナイフを1丁あげた。

ハンスはナイフをそでに差しこんで、帰った。

ハンスはもらったナイフをそでに差しこんだとおふくろにいうと、おふくろは、ナイフは袋にしまっておくものだといった。

 

ハンスはおふくろにグレーテルのところに行くといい、おふくろはうまくやるようにいい、ハンスはうまくやるといって出ていった。

ハンスはグレーテルのところへ行って、グレーテルはなにかいいものを持ってきたのかと聞くが、ハンスは何もないが何かくれといい、グレーテルは若いヤギを1頭あげた。

ハンスはヤギを袋に入れて帰ると、ヤギは息がつまって死んでいた。

ハンスはもらったヤギを袋に入れたとおふくろにいうと、おふくろは、ヤギは綱につなぐものだといった。

 

ハンスはおふくろにグレーテルのところに行くといい、おふくろはうまくやるようにいい、ハンスはうまくやるといって出ていった。

ハンスはグレーテルのところへ行って、グレーテルはなにかいいものを持ってきたのかと聞くが、ハンスは何もないが何かくれといい、グレーテルはベーコンのかたまりをあげた。

ハンスはベーコンを綱につなぎひきずると、犬たちがベーコンを食べ、帰ると綱にはなにもついていなかった。

ハンスはもらったベーコンを綱につないだとおふくろにいうと、おふくろは、ベーコンは頭の上にのっけて運ぶものだといった。

 

ハンスはおふくろにグレーテルのところに行くといい、おふくろはうまくやるようにいい、ハンスはうまくやるといって出ていった。

ハンスはグレーテルのところへ行って、グレーテルはなにかいいものを持ってきたのかと聞くが、ハンスは何もないが何かくれといい、グレーテルは子牛を1頭あげた。

ハンスは子牛を頭の上にのせると、子牛はハンスの顔をふみつけた。

ハンスは子牛を頭の上にのせたとおふくろにいうと、おふくろは、子牛はひいてきて、飼い葉だなのところへつなぐものだといった。

 

ハンスはおふくろにグレーテルのところに行くといい、おふくろはうまくやるようにいい、ハンスはうまくやるといって出ていった。

ハンスはグレーテルのところへ行って、グレーテルはなにかいいものを持ってきたのかと聞くが、ハンスは何もないが何かくれといい、グレーテルは自分がいっしょに行くといった。

ハンスはグレーテルを綱につないで連れて帰り、飼い葉だなのところへつないだ。

ハンスはグレーテルを綱でつれて帰り、飼い葉だなへつないだとおふくろにいうと、おふくろは、グレーテルにはやさしい目を投げてやらなくてはだめだといった。

ハンスは牛小屋に行き、子牛とヒツジの目をえぐりだして、その目をグレーテルに投げつけると、グレーテルはかんかんに怒って、綱を引きちぎり走っていった。

グレーテルは、もうハンスの嫁になるのをやめたのだった。

『ものわかりのいいハンス』の感想・一言コメント

“ものわかりのいい” というのは皮肉で、まぬけなハンスが嫁候補のグレーテルにとことん変なアプローチをしてしまう。

ハンスのまぬけっぷりが面白いコメディだ。

そして、何気に最後には、子牛とヒツジの目玉をグレーテルに投げつけるなんてシーンも。

目玉が飛んでくるなんて、なかなか残酷である。

実は「本当に怖いグリム童話」の仲間入りなのかもしれない。

『ものわかりのいいハンス』の基本データ

収録ナンバー

KHM032

原作タイトル(ドイツ語)

Der gescheite Hans

英語タイトル

Clever Hans

日本語の別タイトル

  • 「利口なハンス」

など

収録版

初版から7版までずっと。

 

 

⇒グリム童話一覧へ