『漁師とおかみ』のあらすじなど (KHM019)

グリム童話『漁師とおかみ』のあらすじや、物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。

結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

目次

『漁師とおかみ』のあらすじ

かつて、海辺であばら屋で妻と一緒に暮らしている貧しい漁師がいた。

ある日、漁師は金色のヒラメを捕えるが、ヒラメは見逃してほしいと頼む。

漁師は、親切にもヒラメをリリースする。

そのあと、妻がその話を聞くと、ヒラメに願いをかなえてもらうべきだと言ったため、漁師は海に戻る。

漁師はヒラメに、素晴らしい家を与えてくれるように願う。

漁師が家に帰ると、そこには見事な豪邸が建っていた。

妻にせがまれて、漁師はまた海へ行き、ヒラメを呼び出す。

漁師は新しい富に満足しているが、妻はそうではなかった。

ヒラメにさらに要求すること、それは漁師が王様になることだった。

まだまだ願いをかなえたい妻は、夫をヒラメのもとへと送り出す。

夫はまちがっていると思うが、妻には物事の道理がわからない。

ヒラメを悩ませてはならないと思う夫に対し、妻はたくさんの願いにまったく満足していなかった。

ヒラメはどんどん願いを叶えてくれるが、そのたびに海はますます激しさを増すのだった。

最終的に、妻は月と太陽を制し、神と同じレベルになりたいという行き過ぎた願いをかける。

その最後の願いが行われるとき、ヒラメはすべての願望をなかったことにして、もとのあばら家に漁師と妻を戻すのだった。

そのおかげで、海はもう一度穏やかさを取り戻した。

『漁師とおかみ』の教訓・感想など一言コメント

ヒラメが願いを叶えるたびに海が荒れていくという、ある意味壮大なストーリー。

しかも猟師の妻は神のレベルまでになりたいとも言い出します。

願いをかなえてくれる系のお話しはけっこうありますが、これは海が絡むこともあって、スケールが大きいですね。

この話はけっこう長く、ヒラメがひたすら願いを叶えていってくれます。

願うのは猟師のおかみ(妻)で、人間の欲深さが見てとれます。

満たされても満たされても、もっと大きな欲望を満たしたいのです。

それに対して、猟師のほうは欲がまったくありません。

神になりたいとまでいう妻に対し、猟師は猟師のままがいいのです。

ちなみに、願いを叶えてくれるヒラメは、魔法にかかった王子様とのこと。

自分の魔法は解けず、王子様はヒラメのままで終わってしまいます。

つまり、おかみさんだけが欲に暴走しているわけです。

欲深くなっても、最終的にはすべて失いますよと言わんばかりのエンディング。

欲もほどほどにしておかないと、中毒性があるということですね。

『漁師とおかみ』の基本データ

収録ナンバー

KHM019

原作タイトル(ドイツ語)

Von dem Fischer und seiner Frau

英語タイトル

The Fisherman and His Wife

日本語の別タイトル

  • 「漁師とその妻」
  • 「漁師とその妻の話」
  • 「漁師とその女房の話」

など

収録版

初版から7版までずっとだが、5版から少し話が変わっている

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる