『三枚の蛇の葉』のあらすじなど (KHM016)

グリム童話『三枚の蛇の葉』のあらすじや、関連情報などを詳しく紹介します。

 

『三枚の蛇の葉』のあらすじ

ある男が王女に求婚した。

王女は、「わたしが先に死んだら、あなたは生きたまま墓に入ってほしい」と男に要求していた。

そして王女が先に死んでしまうと、約束どおり男は生きたまま死ぬ決意をした。

 

地下室で生き埋めになろうとしているとき、突然ヘビが現れた。

青年はヘビを3等分に切り刻んだ。

すると、別のヘビが現れて、三枚の葉を乗せることで、死んだヘビを生き返らせたのだった。

これを利用して、青年は王女を復活させた。

 

それから青年と王女は海へ出て航海するが、その船のキャプテンと恋に落ちた王女が、青年を海に放り込んでしまう。

それを見ていた使用人が青年をヘビの葉で生き返らせ、事のすべてを王さまに報告する。

王女とキャプテンは処刑されるのだった。

『三枚の蛇の葉』の感想・一言コメント

蛇の葉って何だろうと想像をかきたてる不思議なタイトルだが、フタを開けてみれば男を手玉に取る怖い女の話である。

 

3枚の葉そのものは、蛇が運んできた命をよみがえらせるすばらしい葉っぱだ。

古代から蛇は生命のシンボルであり、不老不死や復活のシンボルでもある。

それを体現化したような童話だが、やはりそれよりも、男をもてあそぶ女のほうが気になってしまう。

 

教訓としては、「不倫はよくない」だろうか?

『三枚の蛇の葉』の基本データ

収録ナンバー

KHM016

原作タイトル(ドイツ語)

Die drei Schlangenblätter

英語タイトル

The Three Snake-Leaves

日本語の別タイトル

  • 「3枚のヘビの葉」
  • 「三まいのへびの葉」

など

収録版

2版から7版まで。

『三枚の蛇の葉』のおすすめ本




『完訳 グリム童話集 1』/ 訳:金田鬼一 / 岩波書店 ⇒試し読みする

『三枚の蛇の葉』収録のグリム童話集。こちらは、しっかりした解説付きの金田鬼一訳。本格的な昔の訳を楽しみたい方にオススメ。

 

『完訳 グリム童話集 1』/ 訳:高橋健二 / 小学館 ⇒試し読みする

『三枚の蛇の葉』収録のグリム童話集。こちらは挿絵付きの高橋健二訳。気軽に楽しみたい方にオススメ。

 

 

【関連】

⇒不倫したあげく、夫を殺す怖い女の童話

 

⇒グリム童話一覧へ

 

おすすめコンテンツ