『糸くり三人女』のあらすじなど (KHM014)

グリム童話『糸くり三人女』のあらすじや、関連情報などを詳しく紹介します。

 

『糸くり三人女』のあらすじ

女の子は糸つむぎが大嫌いだった。

ある日、母親に怒られた女の子が泣いていると、そこにお妃さまが通りがかり、なぜ泣いているのかを聞いた。

母親はその場で、「この子は糸つむぎが大好きだが、貧しくて麻を調達することができない」と嘘をついてしまった。

すると、お妃はそれに感心して、女の子を城へと連れて帰った。

 

城で糸つむぎをするよう、女の子は仕事を与えられた。

部屋いっぱいの麻と、糸車を前にして、女の子は途方に暮れる。

お妃からは、一晩ですべてつむぎ終えたら、王子と結婚させると約束されていた。

 

娘が何もできずに泣いていると、そこへ三人の風変わりな女が現れた。

彼女たちはそれぞれ、口の大きな女、片手の大きな女、そして片足の大きな女であった。

三人の女は、女の子の結婚式に自分たちを招待してくれるなら、代わりに糸つむぎをやってくれると言う。

もちろん、女の子はすぐにその提案を受け入れた。

三人の女はあっという間に糸つむぎを終え、女の子は無事、王子と結婚できることになった。

 

女の子は、約束どおり三人の女を結婚式に招待した。

そのおかしな風貌を見た王子は、三人にどうしてそのような姿になってしまったのかと尋ねた。

三人はそれぞれ糸つむぎのやりすぎでこんな姿になってしまったと伝える。

それを聞いた王子は、もう二度と自分の花嫁には糸つむぎをさせないようにした。

そのおかげで、この女の子はそれ以降、糸つむぎをしないで済んだのであった。

『糸くり三人女』の感想・一言コメント

糸つむぎができない女の子のもとに、3人の女が現れて助けてくれる。

3人の女というのは、「こびと」とか「妖精」の類だろう。

糸つむぎができなかった女の子は、結局何もしないで幸せを手に入れる。

 

3人の女は、それはそれは大活躍だ。しかも、結婚式に呼ぶだけで仕事をやってくれるので、かなりいい人たちである。

こういう話だと、最後にわがままな女の子が約束を破りそうだが、そこはしっかり約束を守って、3人の女は結婚式に来る。

しかも、「糸つむぎをしたせいで変な見た目になった」らしいので、女の子は一生仕事をしなくて済むのだ。

 

まさにハッピーエンド。

突然現れた謎の3人組でも、やはり約束は守るべきものである。

『糸くり三人女』の基本データ

収録ナンバー

KHM014

原作タイトル(ドイツ語)

Die drei Spinnerinnen

英語タイトル

The Three Spinning Women

日本語の別タイトル

  • 「糸をつむぐ三人の女」
  • 「三人の糸つむぎ女」

など

収録版

初版から7版までずっとだが、2版から別の話が混ざっている。

『糸くり三人女』のおすすめ本

電子書籍




『初版グリム童話集1』/ 訳:吉原高志、吉原素子 / 白水ブックス ⇒試し読みする

『苦しみの亜麻紡ぎ』として、14番目に収録されているグリム童話集の初版。初版のバージョンはどんなだったか、気になる方はぜひ読んでいただきたい。




『完訳 グリム童話集 1』/ 訳:金田鬼一 / 岩波書店 ⇒試し読みする

『糸くり三人女』収録のグリム童話集。こちらは、しっかりした解説付きの金田鬼一訳。本格的な昔の訳を楽しみたい方にオススメ。

 

『完訳 グリム童話集 1』/ 訳:高橋健二 / 小学館 ⇒試し読みする

『糸くり三人女』収録のグリム童話集。こちらは挿絵付きの高橋健二訳。気軽に楽しみたい方にオススメ。

 

 

 

⇒グリム童話一覧へ

 

 

おすすめコンテンツ