『ならずもの』のあらすじなど (KHM010)

グリム童話『ならずもの』のあらすじや、物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。

結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

目次

『ならずもの』のあらすじ

オンドリとメンドリはくるみを取りに山へ入った。

ニワトリたちはくるみをたらふく食べ、歩いて帰るのがイヤになった。

そこで、くるみの殻で車を作った。

しかし、どちらが車を引いていくかで争っていた。

そこへカモが現れ、ニワトリとカモは喧嘩をすることに。

喧嘩に勝ったニワトリたちは、カモに車を引かせて山を下りることになる。

その途中、とめ針とぬい針に出くわす。

疲れたこの針たちを乗せた一行は、町の宿屋に泊まることになった。

宿屋の主人は一行をあやしがったが、しぶしぶ泊めることに。

しかしその翌朝、ニワトリたちはぬい針を主人のいすに刺し、とめ針をタオルに刺した。

そして、そのまま逃げ去っていった。

ニワトリたちが逃げる音を聞き、カモも急いで逃げていった。

目をさました宿屋の主人はタオルで顔を拭こうとしてとめ針に突き刺され、いすに座ろうとしてぬい針にひどく突き刺された。

怒った主人がニワトリを探すも、もぬけの殻。

もうこの先、こんなならずものたちは絶対に泊めないと誓うのだった。

『ならずもの』の教訓・感想など一言コメント

動物たちがハチャメチャな騒動を起こす話。

グリム童話には、たまにこんなガス抜きのような話が現れます。

とりわけネタとしておもしろいのは、「とめ針」と「ぬい針」でしょう。

「針」が普通に動物の仲間になって、普通に宿屋を荒らしにいきます。

そこには、何のツッコミも許されないのが、グリム童話の世界です。

教訓があるとすれば、「やばい奴らには気を付けろ」ということでしょうか……。

ストレスがたまっている人は、ぜひ読んでみてほしい物語です。

『ならずもの』の基本データ

収録ナンバー

KHM010

原作タイトル(ドイツ語)

Das Lumpengesindel

英語タイトル

The Pack of Ragamuffins

日本語の別タイトル

  • 「ろくでなし」
  • 「ならず者」

など

収録版

初版から7版まで

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる