『マリアの子ども』のあらすじなど (KHM003)

グリム童話『マリアの子ども』のあらすじや、物語の教訓・感想など関連する内容を詳しくお伝えします。

結末までネタバレしていますので、ご了承ください。

目次

『マリアの子ども』のあらすじ

貧しい家庭に生まれた娘は、聖母マリアに引き取られて天国で幸せに暮らすようになる。

あるとき、旅に出る聖母マリアから13の扉の鍵を預けられ、12の扉までは開けてもよいが、13番目だけはいけないといわれる。

しかし、欲望に負けた女の子は、その禁じられた扉を開けてしまう。

聖母マリアが戻ってくると、女の子は「扉を開けなかった」と嘘をつく。

マリアは3回ほど尋ねるが、嘘はお見通しだった。

罪を認めなかった罰として、彼女は下界の荒野に追放される。

口がきけなくなり、みじめな生活を送る。

月日がたち、通りがかったある国の王さまに彼女は拾われ、結婚する。

子どもが生まれた彼女のもとへ聖母マリアが現れ、罪を認めないならば子どもを連れていくという。

だが、彼女は嘘をつき通し、2番目、3番目の子も同じように奪われてしまう。

周りはお妃が子どもを食べていると噂するようになり、お妃は火あぶりにされる。

最期の瞬間、後悔の念にかられてやっと自分の罪を告白すると、聖母マリアが現れてすべてが許されることとなった。

『マリアの子ども』の教訓・感想など一言コメント

嘘をついた末に待っている罰と、それを認めたら許しを得られるという道徳的な話です。

13番目は開けてはいけないという、不吉な数字が絡んでいるのもおもしろいですね。

「人食い」だと勝手に勘違いされて、火あぶりにされるシーンはさりげなく残酷です。

『マリアの子ども』の基本データ

収録ナンバー

KHM003

原作タイトル(ドイツ語)

Marienkind

英語タイトル

Mary’s Child

日本語の別タイトル

  • 「マリアの子」

など

収録版

初版から7版まで

気に入ったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる