【実写版】シンデレラのここがおもしろい!10個の見どころ

実写版シンデレラ(2015年)の見どころ

今回は、2015年に公開された実写版の『シンデレラ』の見どころを紹介しよう。

『シンデレラ』は、ご存知ディズニーアニメでも超有名な作品。

このアニメを見て、王子様との結婚にあこがれた女性は少なくないだろう。

そんな『シンデレラ』をディズニー自ら実写化するということで、かなり話題になった映画だ。

この記事では、ディズニー実写版の『シンデレラ』はどんな作品になったのか、アニメ版との違いなどもふまえながら、10個の注目ポイントを見ていこうと思う。

なお、ネタバレもあるので、まだ見ていない人は注意していただきたい。

1. 実写版シンデレラはフランス語が堪能

まず描かれるのは、シンデレラの子ども時代。

冒頭では、子どものシンデレラがフランス語を練習しているのがわかる。

しっかりと教育を受けていることがわかるシーンだ。

また、大人になってからも、フランス語を話してまま母をびっくりさせるシーンがある。

子どもの頃の教育のおかげで、聡明な女性に育ったということだろう。

 

劇中での時代や王国の設定は不明だが、少なくとも言葉はイギリスアクセントの英語。

『不思議の国のアリス』が出たくらいの19世紀イギリスのように、フランス語を学べるのは裕福な家庭だったのである。

(そもそも『シンデレラ』の原作はフランスの童話なので、フランス語をしゃべってもおかしくはないわけだが……)

 

ちなみに、子ども時代から語られるシンデレラの本名は「エラ」

物語が進むにつれて、まま母たちから「シンデレラ」と呼ばれるようになる。

cinder「灰」と、Ella「エラ」を組み合わせて、“Cinderella”

「シンダー エラ」をつなげて言って、「シンデレラ」である。

2. 実写版シンデレラでは母親がしっかり見られる

これまでの物語では、話の冒頭から病気になっていたシンデレラのお母さん

実写版では、そんな母親との暮らしがしっかり描かれている。

シンデレラの母親ってどんな感じだったんだろう、と気になっていた人にはオススメの見どころだ。

仲良く幸せに暮らしている様子や、父親がどれほど愛情を注いでいたかもしっかり見られる。

 

そんな子ども時代がしっかり描かれたあと、いよいよ母とのお別れ。

原作にもあるように、母からの言葉を強く心に刻む。

「勇気と優しさを持つのよ」
(Have courage and be kind.)

アニメ版や原作ともちがう母親の言葉にも、要注目だ。

 

その後、父親が再婚し、まま母となるトレメイン夫人と、その娘2人であるアナスタシアとドリゼラがやってくることになる。

冒頭の家族シーンから一変し、シンデレラの辛い日々が始まるのである。

3. 実写版シンデレラの猫がアニメにそっくり

まま母が連れてくる「猫のルシファー」も忘れてはならない。

アニメ版をご存知の方にはおなじみ、お風呂嫌いのルシファーだが、実写版がなかなかに似ていておもしろい。

ディズニーアニメでは、猫ルシファーと、シンデレラの友達である4匹のネズミのバトルがかなり描かれていた。

『トムとジェリー』かと思うほどの力の入れようである。

 

だが、実写版のほうではルシファーの出番がほとんどない。猫好きにはちょっと残念だ。

出番はないものの、アニメ版で描かれた猫と見た目はそっくりである。

むしろ、アニメ版を一番うまく実写化したのは、このルシファーかもしれない?

 

ちなみに、アニメ版ではしゃべりまくっていたネズミたちも、実写版では言葉を発さなくなる。

実写版らしく、よりリアルな世界観になっている。

4. 実写版シンデレラの姉妹の言い合いがおもしろい

さて、忘れてはいけないアナスタシアとドリゼラの姉妹。

この2人、かなりライバル意識が強く、仲が良さそうに見えて、よく言い合っている。

特に、物語序盤で、2人が言い争っているシーンでのドリゼラのセリフ、

「目玉をえぐり出すわよ」
(”I could scratch your eyes out!”)

これはおもしろい。

実はグリム童話版の『シンデレラ(灰かぶり)』では、実際にハトに目玉をつつかれ、目玉をえぐり出されるのだ。

ちょっとしたネタなのかもしれない。

しかしこの2人のキャラはなかなか強烈だ。

 

ちなみにドリゼラ役の女優は、ドラマ『ダウントン・アビー』で使用人デイジーを演じたソフィー・マクシェラ

シンデレラ役のリリー・ジェームズも同ドラマで貴族側の人間を演じており、立場逆転のような役柄で再共演している。

(『ダウントン・アビー』では、リリー・ジェームズは使用人をいじめたりするキャラではなかったが。)

5. 実写版シンデレラと王子との出会いは森の中

原作やアニメ版との大きな違いは、「王子との出会い」だ。

まま母たちからひどい扱いを受け、うんざりしたシンデレラは、馬に乗って颯爽と森のほうへ行く。

森の中では、シカ狩りを楽しんでいた王子がいた。

こうして、森の中での出会いが王子との初対面となる。

 

王子は「キット」と名乗り、自分の身分を隠す。

身分がわからない状態で恋に落ちるという、現代風なアレンジとなっている。

シンデレラが「シカを狩らないで」と必死にせがむのも、狩りの禁止が普通になった現代風アレンジなのだろうか。

 

ちなみに、アニメ版の王子の名前は、ツムツムでもおなじみ「プリンス・チャーミング」

“チャーミング” というチャーミングな名前は、実写版では却下されてしまったようだ。

6. 実写版シンデレラの使用人の存在

シンデレラは一人寂しく孤立しているようなイメージだが、実写版では「使用人」が描かれる。

そう、もともとシンデレラはそこそこのお嬢様。

使用人がいるくらいの裕福な家庭だったわけである。

 

まま母がやってきても、しばらくは使用人がいて、「エラ」と呼んで気にかけてくれている。

が、途中で使用人たちはクビにされ、エラがシンデレラとなって、使用人の代わりをするわけだ。

村で会ったときも、シンデレラのことを気にかけてくれている。

シンデレラは、愛されるキャラクターだったということは間違いない。

 

7. 実写版シンデレラのフェアリー・ゴッドマザーは若い?

さて、ディズニーの『シンデレラ』では最大の見せ場といってもいいだろう、フェアリー・ゴッドマザーのシーン。

ヘレナ・ボナム=カーター演じる実写版のフェアリーは、最初は物乞いの姿で登場。

何の疑いもなく食べ物を分け与えてくれるシンデレラに、魔法をかけてあげることとなる(グリム童話にはよくあるモチーフだ)。

 

そして魔法をかけるシーン。

物乞いの姿から本来の姿に戻ったフェアリー・ゴッドマザーが、意外と若い。

少なくとも、アニメのような老婆ではない。

演じるヘレナ・ボナム=カーターの公開当時の年齢は49歳。

だがパッと見は、20代くらいにも見えるフェアリーである。

 

そして、アニメでおなじみの呪文「ビビディ・バビディ・ブー」を唱えながら、

  • かぼちゃを馬車に
  • ネズミを馬に
  • トカゲを従者に
  • ガチョウを御者(運転手)に

変えていく。

トカゲが出てくるあたりは、どちらかというとペローの原作に近い。

これらの変身シーンは、さすがディズニーといったところ。

実写版でも、美術担当のきらびやかな仕事っぷりが堪能できる。

8. 実写版シンデレラで明かされる「ガラスの靴」の秘密?

そして注目すべきは、やはり「ガラスの靴」だろう。

アニメ版ではドレスと一緒にさらっと登場したガラスの靴だが、実写版では少し “ため” が入る。

 

ドレスを変え、さあ行こうとなっているときに、「あっ、靴もやばいじゃん」的なノリで、ギリギリのところで靴に気づくのだ。

そして一言、こんなセリフをはく。

「靴の魔法は得意なのよ」
(”I’m rather good at shoes.”)

へえ、そうなんだーと最初は思うだけかもしれないが、このセリフ、なかなか奥が深いことに気づく。

 

あなたは昔、ガラスの靴の存在を疑問に思ったことはなかっただろうか?

12時で魔法が解けるのに、なぜガラスの靴は残っているのかと。

他のものはすべて消えてしまったのに、なぜガラスの靴だけ消えないのかと。

 

その答えは、「靴の魔法は得意だから」だったのだ。

つまり靴だけは、真夜中を過ぎても平気だということ。

さりげない一言だが、なるほどと思ってしまう場面である。

9. 実写版シンデレラのまま母がせつない?

実写版『シンデレラ』では、まま母にも要注目だ。

なにせ、演じるのはケイト・ブランシェット。名女優である。

 

それまで、完全に悪者だとされてきたまま母。

実写版『シンデレラ』ではほんの少しだけ、まま母の心の闇のような部分が垣間見える。

ひとえにケイト・ブランシェットの演技力なのかもしれないが、幸せになりきれなかったまま母の心情や、絶妙な表情が見てとれるのだ。

人によっては、ちょっと同情してしまうかもしれない。

 

また一方で、実写版のまま母はなかなかの策略家だ。

シンデレラが隠していた片方のガラスの靴を見つけ(最初から疑っていた)、それを破壊してしまう。

そして、自ら宮殿まで出向き、王子につかえる大公(グラン・デューク)に取引を持ちかけるのだ。

というか、半分はただの脅迫である。

こういうところは、やはり神経の図太いまま母なのだ。

 

ちなみに、まま母と姉妹は、「悪だくみをした大公とともに二度と国に戻ることはなかった」という風に終わる。

アニメ版では描かれていなかった、まま母たちの最後だ。

悪いことをした報いはしっかり受けたということだろう。

 

10. 実写版シンデレラの謎の姫探しエンディング

もちろん、物語の最後はナゾの姫探し。

ガラスの靴に合う女性を、王国のお偉いさん方が探す。

村中のありとあらゆる女性に靴をはかせて、探し回っているようだ(おばあさんまでもが立候補)。

 

というかこれ、仮に靴がピッタリ合ったとして、その女性はその後どうするつもりなんだろう。

「私があのとき踊った姫ですよ」と、生涯言い続けるのだろうか。

みんながみんな靴を履くだけで姫になろうだなんて、いったいどれだけの娘が嘘つきなんだ。

しかも、そんなナゾの姫探しに、家来を総動員して探し回っている。

よっぽどヒマ……いや、キット王子のことを考えてくれているのだろう。

グリム童話でも、まま母の娘2人がかかとを切り落としてまで、靴に足を入れようとする。

さすがに王子だって、自分の好きになった女性の顔くらいわかるだろうに……。

 

と、どうでもいいツッコミはおいておいて。

 

実写版ではその辺り、少しリアリティを出している。

最後にシンデレラが出てきて靴をはくシーンでは、一目見ただけで王子がシンデレラのことに気づく

一応、ガラスの靴を試しはするが、もはや形だけの儀式状態。

本当の愛に、ガラスの靴なんて必要ないのである。

 

ちなみにアニメ版では、シンデレラは自ら「私です!」といって登場。

大公がはかせようとしたガラスの靴は、その場でまま母に割られてしまう。

が、隠していたもう片方の靴を取り出し、見事にはいてみせて、めでたしめでたしとなる。

 

いずれにせよ、きれいなハッピーエンディングで終わるわけだ。

 

まとめ

ということで今回はディズニーの実写版『シンデレラ』で、気になったポイントを紹介させていただいた。

人によって注目ポイントも変わってくるだろう。

気になる人は、アニメ版やグリム童話版などとも比較しながら、また『シンデレラ』を楽しんでみてほしい。

あなたなりの「見どころ」が、きっと再発見できるにちがいない。

おすすめコンテンツ

スポンサーリンク