『カールじいさんの空飛ぶ家』はカナイマ国立公園に行く話?エンジェルフォールがモデル!

『カールじいさんの空飛ぶ家』はカナイマ国立公園に行く話?エンジェルフォールがモデル!

ベネズエラにある世界遺産(自然遺産)のカナイマ国立公園は、ディズニー/ピクサーの映画『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)でも有名だ。

『カールじいさんの空飛ぶ家』は、カナイマ国立公園内にある落差979mの滝、「エンジェルフォール」(エンジェル滝)をモデルに使っている。

作品の中でどう関係してくるのか、ちょっと探ってみよう。

\ U-NEXTなら、31日間は見放題作品140,000本が無料で視聴可能です/

U-NEXT

カナイマ国立公園とカールじいさんの関係

カナイマ国立公園にあるエンジェルフォールは、『カールじいさんの空飛ぶ家』に登場する「パラダイスフォール」のモデルとされている。

カールじいさんには、子どもの頃から憧れているチャールズ・マンツという冒険家がいる。

そのマンツが消息を絶ったとされる場所が、パラダイスフォールだ。

実際のエンジェルフォールと同じく、そびえたつ岩山から空中を急降下するように流れ落ちる滝の描写がとても美しい。

 

そして、同じくマンツに憧れている少女エリーも、パラダイスフォールに行くことを夢見ている。

2人は意気投合し、大人になって結婚するに至り、お金を貯めてパラダイスフォールに行こうとする。

貯金を試みるも事あるごとに崩すハメになり、なかなか貯まらない。

そうして時は流れ、おじいさんとなったカールがついにパラダイスフォールに行くためのチケットを買ってきた矢先、妻エリーは病気でこの世を去ってしまう。

 

ここまでが『カールじいさんの空飛ぶ家』の冒頭シーンだが、なんとも切ないオープニングである。

これだけで号泣してしまう人も多いことだろう。

泣き妻との夢を果たすため、パラダイスフォールを目指して家ごと南米へ向かうのが、『カールじいさんの空飛ぶ家』のメインのストーリーだ。

 

そして現実の南米にも、パラダイスフォールならぬエンジェルフォールが、カナイマ国立公園内に実在するというわけである。

世界最大の落差を誇り、滝つぼすらない神秘的な場所なのだ。

カナイマ国立公園の位置

カナイマ国立公園

カナイマ国立公園はベネズエラにある。

ベネズエラと言われて、なんとなく聞き覚えがあるけどよく場所がわからないという方も多いだろう。

ベネズエラは正式名称をベネズエラ・ボリバル共和国といって、南米にある。

ブラジルとコロンビアのお隣さんだ。

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』のキーワードともなるパラダイスフォールも、劇中でちゃんとベネズエラにある設定となっている。

そのため、ベネズエラの旅行ツアーを扱う会社も登場するし(郵便受けに手紙が届くシーンでは何気に「Venezuela」と書かれた郵便が来ている)、「南米に行く」というセリフも出てくる。

風船をつけた家でアメリカから南米に行ってしまうわけだ。

いやムリでしょなんてツッコミを忘れさせるほど、カールじいさんの冒険には心を揺さぶられるものがある。

 

ちなみに、アメリカからベネズエラまでは飛行機でだいたい6時間くらいかかる距離だ。

日本からだと27時間ほど。

首都のカラカスから小型飛行機を乗り継いで、カナイマ国立公園へ行けるようになっている。

カナイマ国立公園が影響を与えた作品

『カールじいさんの空飛ぶ家』以外にも、カナイマ国立公園が影響を与えた映画はいくつかある。

ベネズエラ大使館のページによると、

ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』、スティーブン・スピルバーグ監督の『ジュラシック・パーク』、ディズニー・ピクサーの『カールじいさんの空飛ぶ家』、ベネズエラ出身のハリウッド俳優エドガー・ラミレスが出演する『X-ミッション』などの作品は、このカナイマ国立公園にインスピレーションを得ています。

(出典:https://venezuela.or.jp/trivia/canaima_national_park/

とのことだ。

『アバター』はまさに秘境といったイメージがわきやすいだろうし、『ジュラシック・パーク』を見るとカナイマ国立公園にまるで恐竜が登場するかのような錯覚を起こすだろう。

また、『カールじいさんの空飛ぶ家』がオマージュしたともいわれている、アーサー・コナン・ドイル原作の『ロスト・ワールド』(『失われた世界』)も有名だ。

こちらには、カナイマ国立公園内にあるロライマ山が登場する。

カナイマ国立公園といったら、『ロスト・ワールド』が浮かぶ人も多いかもしれない。

大自然を描くには、もってこいのロケーションである。

まとめ

今回はカナイマ国立公園と『カールじいさんの空飛ぶ家』の関係についてご紹介した。

ピクサーの描くパラダイスフォールも、現実に負けないほど美しく、またそれにまつわるカールじいさんの冒険も胸をうたれることだろう。

カナイマ国立公園のエンジェルフォールをモデルとした大自然を、『カールじいさんの空飛ぶ家』というフィクションの中でも味わってみてはいかがだろうか。

 

▼『カールじいさんの空飛ぶ家』はU-NEXTで観られます。

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。