KHM041 『コルベスさま』のあらすじ

コルベスさま(原題:Herr Korbes)

 

グリム童話、『コルベスさま』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

メンドリとオンドリがいて、2羽はいっしょに旅に出ようとしていた。

オンドリは4つの赤い車輪のついたすてきな車をつくり、その前に4匹の小ネズミをつないだ。

メンドリとオンドリは車に乗って、いっしょに出かけた。

2匹は道の途中で、猫に出会う。

猫は、メンドリとオンドリにどこへ行くかたずねると、オンドリは、遠くのコルベスさんのお宅まで、とこたえる。

すると猫は、連れていって、とたのむ。

オンドリは、猫にうしろに乗るように言って、先へ進んだ。

そのあと、石臼、卵、カモ、とめ針、そしてぬい針があらわれて、全部がこの赤い車輪の車に乗りこみ、いっしょに旅をした。

Sponsored Links

かれらがコルベスさんのお宅へ着くと、コルベスさんは留守だった。

ネズミたちは車を納屋へはこび、メンドリとオンドリは止まり木の上に飛んでいった。

猫は暖炉の中に座り、カモは井戸の水くみ桶の中に入り、卵はタオルの中につつまれた。

とめ針はいすのクッションに刺さり、ぬい針はベッドのまくらのまん中にとびこみ、石臼はドアの上に横になった。

そこにコルベスさんが戻ってきて、暖炉へ行き、火をつけようとすると、猫がコルベスさんの顔に灰をたくさん投げつけた。

コルベスさんが台所にとんでいって、顔を洗おうとすると、カモがコルベスさんの顔に水をかけた。

コルベスさんがタオルでふきとろうとすると、卵がコルベスさんめがけてころがり、そこで割れて、コルベスさんの両目をふさいでしまった。

そして、コルベスさんが休もうといすに座ると、とめ針がチクッと刺した。

コルベスさんはとても怒り、ベッドに寝ころがって頭をまくらにのせると、ぬい針が刺した。

そしてコルベスさんが腹を立てて家の出口の扉のところへくると、石臼が上から落ちてきて、コルベスさんを殺してしまうのだった。

スポンサーリンク