KHM019 『漁師とおかみ』のあらすじ

漁師とおかみ(原題:Von dem Fischer un syner Fru)

 

グリム童話、『漁師とおかみ』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

かつて、海辺であばら屋で妻と一緒に暮らしている貧しい漁師がいた。

ある日、漁師は金色のヒラメを捕えるが、ヒラメ見逃してほしいと頼む。

漁師は、親切にもヒラメをリリースする。

そのあと、妻がその話を聞くと、ヒラメに願いをかなえてもらうべきだと言ったため、漁師は海に戻る。

漁師はヒラメに、素晴らしい家を与えてくれるように願う。

漁師が家に帰ると、そこには見事な豪邸が建っていた。

 

Sponsored Links

 

妻にせがまれて、漁師はまた海へ行き、ヒラメを呼び出す。

漁師は新しい富に満足しているが、妻はそうではなかった。

ヒラメにさらに要求すること、それは漁師が王様になることだった。

 

 

まだまだ願いをかなえたい妻は、夫をヒラメのもとへと送り出す。

夫はまちがっていると思うが、妻には物事の道理がわからない。

ヒラメを悩ませてはならないと思う夫に対し、妻はたくさんの願いにまったく満足していなかった。

ヒラメはどんどん願いを叶えてくれるが、そのたびに海はますます激しさを増すのだった。

 

 

最終的に、妻は月と太陽を制し、神と同じレベルになりたいという行き過ぎた願いをかける。

その最後の願いが行われるとき、ヒラメはすべての願望をなかったことにして、もとのあばら家に漁師と妻を戻すのだった。

そのおかげで、海はもう一度穏やかさを取り戻した。

 

スポンサーリンク