KHM003 『マリアの子ども』のあらすじ

マリアの子ども(原題:Marienkind)

 

グリム童話、『マリアの子ども』のあらすじです。

 

* * * * * * * *

 

貧しい家庭に生まれた娘は、聖母マリアに引き取られて天国で幸せに暮らすようになる。

 

 

あるとき、旅に出る聖母マリアから13の扉の鍵を預けられ、12の扉までは開けてもよいが、13番目だけはいけないといわれる。

しかし、欲望に負けた女の子は、その禁じられた扉を開けてしまう。

Sponsored Links

聖母マリアが戻ってくると、女の子は「扉を開けなかった」と嘘をつく。

マリアは3回ほど尋ねるが、嘘はお見通しだった。

罪を認めなかった罰として、彼女は下界の荒野に追放される。

口がきけなくなり、みじめな生活を送る。

 

 

月日がたち、通りがかったある国の王さまに彼女は拾われ、結婚する。

子どもが生まれた彼女のもとへ聖母マリアが現れ、罪を認めないならば子どもを連れていくという。

だが、彼女は嘘をつき通し、2番目、3番目の子も同じように奪われてしまう。

 

 

周りはお妃が子どもを食べていると噂するようになり、お妃は火あぶりにされる。

死の瞬間、後悔の念にかられてやっと自分の罪を告白すると、聖母マリアが現れてすべてが許されることとなった。

 

スポンサーリンク