本当は怖い眠れる森の美女の原作「いばら姫」と「眠り姫」

『眠れる森の美女』のイメージといえば、王子様のキスで目覚める華やかなファンタジーではないだろうか。

プリンセスストーリーの王道をいく物語である。

王子様のキスで目覚めるといえば『白雪姫』も同じ話の展開だが、有名なディズニー版と比べて、グリム童話の『白雪姫』には王子様のキスがない(⇒白雪姫の原作に、ディズニーみたいな王子のキスはない?)。

 

では、『眠れる森の美女』はどうだろう。

いったい原作では、どうやって姫が眠りから目覚めるのだろうか。

そしてそれ以上に、どんな違いがあるのだろう。

 

実は『眠れる森の美女』の原作には、グリム童話版のKHM050『いばら姫』の他に、いくつか別の原作が存在する。

細かいところで見れば、ジグルドという英雄がいばらの城で眠る姫を助け出すゲルマン系の民話や、ジャンバティスタ・バジーレというイタリア人がまとめた説話集『ペンタメローネ(五日物語)』にも登場する。

だが、もっともなじみのあるものといえば、フランスの作家シャルル・ペローが童話集に収めた、いわゆるペロー版の『眠り姫』だ。

そこで、今回はディズニー版とグリム童話版、そしてさらにグリム童話になる以前の原作を比較しながら、『眠れる森の美女』が本当は怖い話であることをお伝えしよう。

 

グリム童話より前の原作

グリム童話とはそもそもグリム兄弟がいろいろな人から話を聞き、それを集めたものだ(⇒グリム童話とは

そして、グリム兄弟同様に古くからヨーロッパに伝わる昔話や伝説を集めて童話集を創った人物がいた。

それが、シャルル・ペローだ。

 

フランスの詩人だったペローは、ヨーロッパ各地の民間伝承を集めてアレンジし、文学の域にまで高めた。

その彼の集めた物語が収められているのがいわゆるペロー童話集なのだ。

(⇒シャルル・ペローとは誰?グリム童話には作品提供者がいる)

 

『眠れる森の美女』もペロー童話集に収められ、グリム童話より早く出版されている。

つまり、ペロー版の『眠り姫』は、グリム童話以前の原作なのである。

 

眠り姫が呪われた理由

さて、『眠れる森の美女』に2つの原作が存在することがわかったところで、ディズニー版とこれら2つの物語の違いを見てみよう。

まずは、魔女が眠り姫に呪いをかける理由に違いがある。

 

ディズニー版では、王様とお妃さまに待望のお姫様が生まれたため、国中の人たちが招かれ、お姫様の誕生祝いが開催される。

しかし、マレフィセントという魔女だけは招待されない。

自分だけが招待されなかったことに怒ったマレフィセントは、お姫様が「16歳になったら糸車で指を指して命を落とす」という呪いをかける。

国中の人が招待されているのに、自分だけのけものにされて、相当傷ついたのだろう。

 

グリム版では国中の人たちが招待されたわけではないが、呪いをかけた理由はディズニー版に似ている。

親戚や友人たちとともに「運命を見通す能力をもったかしこい女たち」が招待された。

 

しかし、ごちそうをたべてもらう金のお皿が12枚しかないという理由で13人いる女たちの1人が招待されなかった。

招待されなかったことに怒った女は、ディズニー版と同じく、姫に呪いをかける。

これもこれでハブられてかわいそうだ。女の恨みは恐ろしい。

 

さて、ペロー版は一番たちが悪い。

 

お姫様の誕生に7人の仙女たちが招かれる。

しかし、突然、50年以上もひきこもっていたはずのおばあさん仙女がやってくる。

世間では、彼女はもう生きていないと思われていた。

 

よって、食事の用意は出来たものの、食器の入った金の箱が用意できなかった。

すると、馬鹿にされたと思ったおばあさん仙女はお姫様に呪いをかける。

 

食器の入れ物がないだけでっ!?

相当タチのわるいおばあさんだ。

 

眠り姫の目覚め

魔法にかけられたお姫様を救うため、ディズニー版では妖精が「姫は眠りに落ち、運命の相手からのキスにより目覚める」という魔法をかける。

つまり、王子のキスは眠り姫が目覚めるための絶対条件なのだ。

 

一方、グリム版ペロー版では、王子のキスは存在しない。

なぜなら、妖精(グリム版ではかしこい女、ペロー版では仙女)がかけた魔法はこうだからだ。

 

「王女様は、100年の眠りに落ちることになります」

 

つまり、100年経つと姫が自動的に目覚めるように魔法をかけたのだ。

ペロー版では、さらにこう続く。

 

「百年しますと、ある王子様がいらっしゃって、お姫様を眠りから呼びさますでしょう」

 

なんと王子の出現まで魔法の力で叶えられてしまうのだ。

 

100年経って眠りから覚めた眠り姫は王子と出会い、結婚する。

ディズニー版でも、グリム版でも、ペロー版でも眠りから覚めたら、王子様と結ばれてめでたし、めでたし。

 

お姑さんが怖い

と思ったところで、ここからが本当は怖い『眠り姫』

ペロー版では王子との結婚生活に恐怖がある。

あろうことか、お姫様のお姑さん(つまり王子の母親で一国の王妃さま)が人食鬼だったのだ。

 

王子との間に2人のかわいい子どもを授かって、幸せに暮らす眠り姫。

このかわいらしい子どもたちを食べたくてしょうがない王妃さま。

 

人食鬼と一つ屋根の下。

とってもスリリングだ。

 

ある日、王子が留守なのをいいことに、王妃様は料理人頭にこう言う。

「わたしは、あすのお昼食にあのオーロール(上のこども)をたべたいよ」

優しい料理人頭はオーロールを自分の家にかくまい、代わりに仔羊を料理して、王妃にだした。

 

何も知らず、王妃はむしゃむしゃ美味しそうに食べる。

孫なのに。

 

一週間後、王妃は「夕食に、あの小さいジュール(下のこども)をたべたい」と言う。

料理人頭はまたもや子どもをかくまい、代わりに仔山羊の肉を王妃に食べさせた。

王妃は大満足。

孫なのに。

 

そして、今度は眠り姫を食べたい、と言いだす。

 

料理人は困ったが、またもや姫をかくまい、代わりに鹿の肉を王妃様のために料理した。

姫(本当は鹿)を美味しくいただいた王妃は、自分の残酷な望みがかなってご満悦。

 

王子が帰ってきたら、「姫と子どもたちは飢えにくるった狼にたべられてしまった」と言おうと決める。

欲にくるった人食鬼に食べられるより、飢えにくるった狼にたべられた方がまだましだろう。

王妃様は少なくとも食には困っていないのだから。

 

だが、ここまでうまくいっていたのに、姫と子どもたちが生きていることが王妃にばれてしまう。

いかりくるった王妃さまは、大桶にガマやマムシや毒へびやらをいっぱい入れて、その中に姫と子どもたち、料理人頭とその妻、ついでに料理番の女まで投げ込もうとする。

料理番の女にいたっては完全なとばっちりだ。

 

みんなが大桶に投げ込まれるまさにそのとき、王子様が帰ってくる。

当然、これはいったいどういうことなんだ、と驚く王子様。

 

王妃さまは、自分が完全に不利なことをさとり、自ら大桶の中へまっさかさまにとびこんで、自分が入れたおそろしい動物たちに食べられ、命を落とす。

 

一番怖いのは、蛇たちに王妃さまが食べられるシーン

蛇に食われまくる最期を想像してみてほしい。

かなりグロテスクだ。

 

まとめ

ディズニーの『眠れる森の美女』には、妖精が登場したり、王子様がお姫様のためにドラゴンと闘ったり、「運命の人」とのキスでお姫様が目覚めたり、ファンタジーの要素が盛りだくさんだ。

しかし、グリム童話版と、それ以前の原作であるシャルル・ペロー版とでは、ストーリーがかなり違ってくる。

 

姫に呪いをかける女の正体や、招待された理由が変わっていたり、姫が眠りから目覚めるシーンも、原作ではキスではなく、勝手に目覚めるだけだ。

そして何よりペロー版では、結婚したあとの嫁姑問題がとてつもなく厄介である。

なにせ、姫の姑に当たる王妃さまは人食鬼であり、姫はじめたくさんの娘をディナーにしようとしたわけだ。

 

人食鬼との嫁姑問題。

やはり現実でもおとぎ話でも、結婚後が「一番怖い話」なのかもしれない。

 

 

■人食いといえばもちろんこの話も忘れてはいけない↓

⇒ヘンゼルとグレーテルはよく読むと怖い?!

 

■もういっちょ人食いの話↓

⇒ねずの木の話という首が転がるグリム童話がホラーすぎて怖い

 

スポンサーリンク