小人の靴屋というグリム童話がじわじわと怖い

「こびと」と言われると、ディズニーの白雪姫のおかげで可愛らしいイメージがあるが、本来はかなり不気味な存在だ。

なかには性格のいいこびとももちろんいるが、ふつうに人を襲う悪いこびともいる。

今回はグリム童話の中でも、ちょっと怖いこびとの話をしよう。

 

これは、KHM039『小人の靴屋』という童話に出てくるこびとたちだ。

 

『小人の靴屋』は3部構成になっていて、第1、第2、第3とで、出てくるこびとも話もちがう。

いずれも、よくよく考えたらじわじわと背筋がぞっとし、怖くなってくる……そんな話だ。

じっくり、話のシチュエーションを頭で想像しながら、ぜひ読んでいただきたい。

 

靴屋を助ける第1のこびとたち

第1のこびとは、タイトルにもなっている「靴屋」に現れる。

 

まずしい靴屋が、1足分の靴の革しかないという状態で、途方に暮れてしまい、どうしたらいいかわからずに一晩寝る。

そうすると、翌朝その靴が、とてもすばらしい仕上がりで、できあがっているというものだ。

 

その靴が売れたおかげで、次の靴の材料も買うことができ、一晩寝るとまた名人芸のような靴がしあがっていて、それもどんどん売れていく。

このサイクルがつづいて、最終的には靴屋が金持ちになるというストーリーだ。

 

そして、いったい誰がこんなに靴を作ってくれているのか気になった靴屋の主人は、妻と2人で夜中に監視することになる。

そこで、2人のはだかのこびとが靴を作っているところを見るのである。

 

このこびとは、とても親切心が強くて、はたらきものだ。

夜のあいだずっと、靴を仕上げるためにせっせと2人だけでがんばっているのである。

それを見た靴屋の主人と妻は、こびとに服をプレゼントすることにし、次の夜にこびとたちがそれを発見して、よろこんで去っていくという話だ。

 

この第1の話に限っていえば、こびとたちはすごくいい人たちである。

 

似たような話が、ピーターラビットで有名なビアトリクス・ポターの作品にも存在する。

『グロースターの仕立て屋』というやつだ。

こちらはこびとではなくネズミが服を作ってくれるのだが、いずれにせよ、目覚めたら仕上がっているというパターンである。

 

たしかにうれしいといえばうれしいが、よくよく考えたら知らない間に自分の仕事が終わっているというのも、少し怖い気もする。

だが、実際にこんな場面に遭遇したら、やっぱり少し顔がほころんでしまうかもしれない。

 

というわけで、第1の話は良しとしよう。

 

時空を超える第2のこびとたち

さて、第2の話は少しオカルトが入ってくる。

 

まずしい女中がゴミを処理していると、積み上げられたゴミ山の上である手紙を発見する。

それを主人に読んでもらったところ、なんとこびとからの招待状だというのだ。

なにが書いてあるかといえば、「赤ちゃんの名づけ親になってほしい」のだという。

 

女中はそれを承諾すると、そこへ3人のこびとがやってきて、女中をこびとたちが住む山へと連れていってしまう。

こびとに山へ連れていかれるという時点で、少しホラーな感じもする。

 

さらにホラー臭をかき立てるのが、連れていかれた場所がとてもきれいで、快適なところだという点だ。

 

薄気味悪い場所という描写よりも、連れていかれた場所がとてもきれいだと、天国のような感覚になって逆にちょっと不気味だ。

そして、女中はきちんと名付け親の役目を終えるのだが、こびとたちから3日間いてほしいと頼まれる。

その3日間、女中はみんなと楽しくワイワイ過ごす。

 

で、問題はここからである。

 

女中がこびとに連れられて山から出て、家に帰ってみると、そこから知らない人が出てきて、「おまえはだれだ」といわれてしまうのだ。

自分のなじんだ家であるはずなのに、いきなり知らない人が出てくるのはなんとも不気味である。

 

そして、女中は驚愕の事実を知る。

 

それは、女中がこびとたちと過ごしたのは3日間ではなく、「7年間」だったということ。

その7年の間で、前に仕えていた主人はもう死んでしまっていたのだ。

 

個人的な意見を書かせてもらうと、少ししか時間がたっていないのに、実は何年もすぎていたというのが一番怖い

自分が知らない間に、なにもかもが変わってしまい、まるで自分がこの世にいなかったかのような感覚におちいってしまう。

 

この第2のこびとの話を解釈してみるなら、こびとたちの世界と女中の世界(現実)とでは時空のねじれが生まれているということだろう。

時間の進み方が根本的にちがうのだ。

 

なぜそんなところに、こびとは女中をわざわざ連れてきたのか。

なぜ主人と引き離し、死に目にも会えないような状態にしたのか。

 

ここは意見が分かれそうなところだが、もしそれをわざとやったのだとしたら、いたずら好きなこびとたちの悪い部分が見てとれる話だともいえる。

主人の視点から見るのであれば、女中は出ていったまま、7年間なにも音沙汰なく、自分は一人で死んでいくしかなかったという状態だ。

どれほど慕っていたかはわからないが、心中察すると、いささか切ない気分にもなる。

 

このような、少ししか時間がたってないと思ったら、実はものすごい長さの年月が過ぎていました、というパターンの話はけっこうよくある。

日本でいうならもちろん、『浦島太郎』が代表格だ。

構成としては似ている気がするが、玉手箱のようなものがないので、女中には選択権がなかったともいえる。

まあ、玉手箱のようなものをプレゼントするのもなかなかエグい気もするが……。

 

あと、SFでもこういう話はよくある。

最近の映画なら、クリストファー・ノーラン監督『インターステラー』はまさにこの時空のねじれをテーマにした、秀逸な作品だ。

4次元や5次元ともからめながら、時間のずれを巧妙に描写している。

オカルトではなく科学的な話ではあるが、この第2のこびとの話で起きたことがどんな感覚なのか、けっこうリアルに体感できるかもしれない。

気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

 

子どもをさらう第3のこびとたち

いよいよ第3のこびとまでくると、やることがもう少し悪い方向へ進んでいく。

 

第3のこびとたちは、子どもをさらっていくのである。

 

とある母親が、家に住みついているこびとたちに子どもを連れていかれてしまう。

その代わりに、のように目がギョロギョロした、頭の大きい子どもを置いていく。

 

いわゆる、「取りかえっ子」というやつだ。

 

困った母親おとなりさんにこのことを相談すると、その鬼の子をかまどに乗せて火を起こすようにいう。

そして、たまごの殻にお湯をわかすようアドバイスするのだ。

それを見て鬼の子が笑えば、それでおしまいだというなんともシュールなアドバイスである。

 

で、実際に鬼の子がたまごの殻でお湯をわかしているのを見て爆笑し(たしかに想像してみるとおもしろいかも…)、こびとたちがやってきて、鬼の子を連れて行ってしまう。

 

そして、本当の子どもを代わりに置いていくのだが、ここが問題だ。

 

連れ去った子どもを返してくれるのはいいが、鬼の子が座っているのはかまどの上

そう、こびとたちはかまどの上へ本当の子どもを置いてしまうのである。

 

具体的な描写はないが、そのあとの末路は想像がつくだろう。

ぼうぼうに燃えたかまどの上で、子どもはどうなっていってしまったのか……。

 

そもそも子どもをさらっていってしまうというのも恐ろしいが、それよりその子どもを返しに来て、わざわざかまどの火の上に置いてしまうというはさらに恐ろしい。

母親は目の前で焼かれていく子どもを見なければならないのだ。

もちろんギリギリのところで助け出せたかもしれないが、それはわからない。

 

そして、このアドバイスをくれたおとなりさんが何者かというのもまた謎である。

 

もしかして、こびとがかまどの上に本当の子どもを置くことを知っていて、鬼の子を火の上に乗せるようアドバイスをしたのか……。

そういったところに想像をはりめぐされると、なかなかに背筋がゾクゾクしてくる。

 

ちなみに、この「取りかえっ子」のネタは、もともとはヨーロッパに古く伝わる民話の一つである。

自分の子どもがいつのまにか醜い子どもに変わっていたという話だ。

 

最近では、これをモチーフにした『チェンジリング』という映画もある。

アンジェリーナ・ジョリー主演で、本当にあった事件をもとに製作されているものだ。

現実的なサスペンスではあるが、興味のある方はぜひ。

 

まとめ

今回は『小人の靴屋』に登場する3種類のこびとについて紹介させていただいた。

靴を作ってくれるこびと時空のねじれを起こすこびと、そして子どもを取りかえてしまうこびとだ。

 

第1のこびとはふつうに親切なこびとであるが、第2と第3のこびとの話はよくよく考えてみるとけっこう怖い話である。

グリム童話にはこのほかにも、こびとが出てくる話はたくさんある。

いろいろなタイプのこびとがいるので、ぜひ探ってみてほしい。

 

あなたの家にも、こびとは存在するかも……!?

 

 

スポンサーリンク